生活が苦しいときの弁護士電話相談

 

私は以前、どうしてもお金のやりくりが出来なくなってしまい、借金をしたことがありました。
その頃働いていた職場の業績が傾き、仕事時間が減らされ、それに伴って当然、給料も減りました。

 

しばらくの間は、なんとか貯金でしのいでいましたが、貯金も底を付くようになりました。
いろいろと考えた挙句、借金せざるを得ない、という結論になりました。

 

その頃、私は買い物で使うためにクレジットカードを持っていました。
そのカードにはキャッシング枠があり、一定額までならお金を借りることが出来ました。

 

あらためて消費者金融に申し込んで辛さを受ける必要もなく、手軽に利用することが出来ましたので、そのカードでお金を借りました。

 

そのカードは、郵便局やほとんどの銀行、また、多くのコンビニに設置されているATMから自由にお金を引き出すことが出来ました。
それで、無事に必要なだけのお金を手に入れることが出来たのですが、借りたら返さなくてはいけません。

 

しかし、当然、利息も付いてきますので返すのは容易なことではありませんでした。
結局、私は新たな条件のいい職場を見つけることが出来ましたので、借りたお金を完済することが出来ました。

 

しかし、借金を始めてからその新しい仕事が見つかるまでに3ヶ月ほどかかり、その頃には金額は50万円に近づいていました。

 

新たな仕事が見つかってからは少しずつ返済していきましたが、完済するまでには2年ほどかかりました。
他に方法がなかったかもしれませんが、借金する前にはよくよく考えた方が良いと思いました。
今後の人生の教訓にしたいと思います。

 

辛い借金生活と弁護士24時間相談

 

私は自他共に認める50代の貧乏サラリーマンです。
若い頃から借金生活を送っていて、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングなど、自慢じゃありませんがここ30年以上にわたって、借入が途切れたことがありません。

 

しかしその一方で、私は真面目で計画性のあるタイプですので、返済に行き詰まって金融事故を起こすようなこともありません。
常に無事故で返済し続けて30有余年、これは正直、ほんの少しだけ自慢したい気持ちです。

 

しかし、いずれにしても借金は苦痛です。
返済生活は、決して楽ではありません。

 

たとえ30年以上の借入のキャリアがあるといっても、借金生活に慣れるということがありません。
今も毎月の返済約定日は複数あって、それらの前日には口座残高が気になってばかりです。

 

ただし、このように辛い借金生活でも、愛する家族と共に過ごすのなら耐えられます。
返済が苦しい時には、家族の顔を思い浮かべます。
そうすると、不思議なことに「愛する妻や子供たちのためにも頑張ろう」という力が、どこからともなく湧いてくるのです。

 

私のこんな借金生活は、20代の独身時代から続いています。
しかし、今よりも独身時代のほうがローンの辛さは大きく感じていました。

 

その理由は、きっと孤独だったからに違いありません。
返済が苦しい時も、自分一人、孤独な戦いをするしかなかったのです。
それを思うと、これでも今はだいぶマシになったのです。

 

際限のない借金生活を弁護士無料電話相談

 

人間にとってお金と言うのは、最低限人間らしく生きて行く為に欠かせない存在となっています。
本来このお金と言うのは、自分が持っている範囲内でやりくりするのが常識なのです。

 

しかしこのお金と言うのは、得難い癖に失い易い物でありますから、余る事は少なく足らなくなる事の方が多い物です。
前述したようにお金と言うのは、人間らしく生きる為に必要な物でありますから、無くなったままにはしておけません。

 

ですから借金をする事になるのです。
借りたお金は、本来人のお金ですから、何れは返さなければなりません。
だから借金と言うのは厄介なのです。

 

そもそもお金が足りなくなったから借入をしたのですから、簡単に返せるはずがありません。
たとえお給料をもらって返済できたとしても、その途端にまたお金が無くなってしまいますから、またピンチに逆戻りをしてしまいます。

 

そうなると再び借入をする事になってしまうのです。
つまり、一度お金を借りると、それを繰り返す借金生活が始まってしまうのです。

 

金融機関から借りたた時には、返済時に利息を付して支払わなければならないので、返済が難しくなります。
ですから借金を返済する為に、別の所から借りてて返済をすると言うパターンになって行きます。

 

この様なスパイラルを繰り返さないためにも、出来るだけ節約を心がけ、借入をする事にならない様にして行くことが大事です。

 

借金をするために考えるべきことと24時間電話法律相談

 

借入は今後の生活を改善するきっかけになるように目的を考えて使い、今後の収入の状況を確かめて正しい返済計画を立てることを心がける必要があります。

 

お金を借りる時は金銭感覚を麻痺しないように責任を持って考え、キャッシングをする時は利息が高いために目的以外で使わないように考えることが重要です。

 

お金を借りる時は収支のバランスを考え、残高が増えすぎないように状況を確かめながら今後の計画を立てる必要があります。

 

複数の会社からお金を借りる時は滞納をせずに使うことを心がけ、返済シミュレーションを参考にして自分に適した返済方法を決めることが大事です。

 

借金問題は今後の生活や人生に多大な影響を与えるため必要に応じて弁護士と相談し、今後の人生を改善するきっかけをつかめるように考えることが求められます。

 

お金を借りる時は信頼関係を強化できるように考え、収支のバランスを考えて正しく使うように計画を立てると今後の生活に活かせます。

 

借金をするために考えるべきことは今後の人生に役立てるように目的を決め、責任を持って計画を立てることが重要です。

 

お金を借りることは安易に借りて使えるため、気が緩みがちになるため責任を感じるように心がける必要があります。

 

父の借金について弁護士に相談した体験談

 

私は、父の借金を返済する毎日を送っています。
この生活を苦に思いませんが、自分の家を持ちたいと思っていたので、一日でも早く完済できるようにがんばっていました。

 

しかし、会社が突然の倒産をしてしまい、私は仕事を失ってしまいまいした。
今まで無理して父の借金を返済していたので、蓄えもありません。

 

このままでは生活はおろか支払いすることもできないので、友人に相談してみることに。
その友人は弁護士ではないのですが、法律事務所で秘書をやっています。

 

なので、資格者を知っているのです。
仲の良い弁護士さんに相談してみると言ってくれました。

 

その間私はとりあえず何でも良いから仕事を探しました。
日雇いの建築現場の仕事が見つかりましたが、給料は悪く、肉体労働なのでかなりハードな生活になると思います。

 

そして友人から連絡があり、弁護士さんが一度話しを聞いてくれると言ってくれたので、今から出てこれないかと言われました。
仕事が終わったばかりで、ヘトへとでしたが、借金がどうにかなるかもしれないと思って、相談しました。

 

すると、父親も私も長年返済を続けていたので、過払い金が発生している可能性が大きいと思うと言われました。
そのときに借金の書類は持ってきていないので、詳しい話しになりませんでしたが、その話しが本当なら私の生活は相当楽になります。

 

お金が返ってくるかもしれないと思うと、仕事に対してもやる気が出てきました。
後日書類を持参して正式に依頼することになり、過払い金が戻ってきて本当によかったと思います。

 

参考:弁護士無料電話相談所|24時間法律相談

 

過払い金200万が弁護士無料相談会で判明した体験談

 

一月くらい前の新聞に「過払い金返還請求・借金問題」のチラシが入りました。
今回はいつになく気に留まりましたのでそのチラシを取っておきました。
実は私は消費者金融の借金にここ10年以上追われるようにして生活をしています。

 

会社員ですので会社に電話しないでくれと言ってあるのですが、1日でも返済が遅れると容赦なく電話がかかって来ます。
上司にも同僚にもそれとはなしに感づかれているようです。  

 

もう辛抱の限界に来ていたので、ついにチラシのフリーダイヤルに電話しました。
優しい声の女性が受付してくれて、場所と時間を予約しました。
東京の法律事務所で地元の商工会議所で無料相談会を開きます。  

 

当日は約束の時間に言われた資料を持って相談に行きました。
若い女性弁護士さんだったので驚きました。

 

困っている事情を一通り説明して、返済が楽になるいい方法があれば教えてほしいと言いました。
弁護士は資料に目を通しますと、過払い金がかなり発生している可能性があります。

 

その過払い分を今借りている借金に充当すれば今後かなり楽な返済ができると思うと言ってくれたのでほっとしました。  
弁護士から過払い金請求の詳しい説明を受けました。

 

分からないところは何度も質問して納得できましたので、返還請求手続きを依頼する契約をその場でしました。

 

3日後に過払い金200万円発生していると連絡が入りました。
借金の半分くらいは埋め合わせできそうです。  

 

無料相談会に行って良い弁護士さんに巡り合えました。
ぐずぐすしていたら、こう上手くいかなかったと思います。

 

過払い金200万が返って来て、本当に良かったと思っています。
チラシを見たおかげです。

 

過払い金200万、弁護士相談のテレビコマーシャル

 

私は、昔から借金グセがありました。
ここ最近は借入をすることなく返済することを頑張っていたのですが、会社で大きなミスをしてしまい、大幅な減給になってしまい、生活で一杯一杯になってしまい、返済することができなくなってしまいました。

 

毎月の最低返済金額を返済することができないので、一度カスタマーセンターに相談したのですが、どうにかして下さいとの話しで落ち着きました。
どうにかできないから頼んでいるのに、どうにかして下さいと言われて、本当に困ってしまいました。

 

そんなときに、借金相談を受け付けている弁護士事務所のテレビコマーシャルを見ました。
過払い金が〜、とかいう奴です。
借金相談は無料とのことなので、ダメ元でとりあえず連絡することにしました。

 

弁護士事務所を利用するのは、初めてのことなので緊張しましたが、とりあえずいきなり事務所に行ってもダメだと思ったので、まずは電話をしてみることに。
すると、予約という形になりました。

 

そして、予約した日にちが来て、必要書類を用意してテレビコマーシャルの法律事務所に向かいます。
事情を話すと、とりあえず任意整理をする前に、長年払っていると過払い金が発生している場合があるので、計算してみましょうと言われました。
弁護士さんの言われるがままに話しが進んでいきました。

 

すると、過払い金200万が発生しているとのことでした。
弁護士に頼めば、債務はチャラになり、むしろお金が返ってくるから任せてくれませんかと言われました。

 

迷うことなくお願いして、本当に200万の利息の払い過ぎがあり、借金がなくなりましたので、法律事務所に依頼してよかったと思いました。
本当に偶然でしたが、テレビコマーシャルを見たことで救われました。

 

借金返済の取り立てが弁護士相談でなくなった体験談

 

数年前に、サラ金やローン会社、クレジット会社からの借金返済の取り立て電話が頻繁にくるようになりに気が狂いそうになってしまうかと思うほど困窮しました。

 

返済をする為におまとめローンも検討しましたが、それも断られてしまいインターネットを頼りに貸してくれそうなところへ出向いて行きましたが、結局そこでも断られてしまい代わりに弁護士を紹介されました。

 

結局はどこもお金を貸してはくれなかったのです。
毎日の取り立てに疲れていた為、もう駄目だと覚悟を決めて法律事務所を訪ねることにしました。
弁護士に相談するのは生まれて初めてで、ことのほか緊張しました。

 

まずは事務員に債務の状況や収入の状況を確認されてその後何かを話したと思うのですがよく覚えていません。
そうこうしている間に弁護士との面会の時間を迎え部屋へ通されて、色々お説教めいた事を聞かされた気がします。
最後に今後の処し方について話がありました。

 

自己破産の場合、借金は完全になくなるが、ほぼ全てを手放さなければならない。
債務整理の場合弁護士か間に立って返済をしていくので取り立ての電話はなくなる。

 

あともう一つ方法を言われたがよく覚えていません。
結局、債務整理することで話を進めていただくことになりました。
そうすると本当に借金返済の取り立て電話はなくなり、気はすごく楽になりました。

 

借金問題を解決するための弁護士事務所の選び方

 

借金問題を解決する方法は債務整理の他に自己破産や任意整理があるため、自分に適した方法を探して今後の人生を安心して過ごせるように考えると効果的です。

 

借入は金額が増えすぎると利息が高く今後の収入の状況によっては返済が追いつかない場合も多く、過払い請求などを考えて信頼や実績がある弁護士事務所を選ぶと今後の段取りを決めるきっかけをつかめます。

 

借金は金銭感覚が麻痺しやすいために積み重なる傾向があり、金額が増えすぎて初めて気がつくことが多いものです。

 

多重債務はグレーゾーン金利が多く発生するため過払い金が増えやすく、返還に成功すれば借入残高を減らせるため弁護士と相談しましょう。
最適な方法を診断してもらうと効果があります。

 

借金問題を解決する方法は一人で悩まずに、最近は無料窓口も多いので、面談でも電話でも、気軽に弁護士に相談すると新たなきっかけをつかめ、債務整理などをするための疑問点を解消できます。

 

お金は今後の生活において必要不可欠なため、借入金額が増えすぎると生活に悪影響になるため解消する方法を探すことが重要です。

 

借金問題を解決するための弁護士事務所の選び方は人それぞれですが、信頼や実績を確かめて今後の人生を改善するきっかけになるように口コミや体験談の内容を参考にして決める必要があります。