生活が苦しい・・

私は以前、どうしてもお金のやりくりが出来なくなってしまい、借金をしたことがありました。
その頃働いていた職場の業績が傾き、仕事時間が減らされ、それに伴って当然、給料も減りました。
しばらくの間は、なんとか貯金でしのいでいましたが、貯金も底を付くようになりました。
いろいろと考えた挙句、借金せざるを得ない、という結論になりました。
その頃、私は買い物で使うためにクレジットカードを持っていました。そのカードにはキャッシング枠があり、一定額までならお金を借りることが出来ました。
あらためて消費者金融に申し込んで辛さを受ける必要もなく、手軽に利用することが出来ましたので、そのカードでお金を借りました。
そのカードは、郵便局やほとんどの銀行、また、多くのコンビニに設置されているATMから自由にお金を引き出すことが出来ました。それで、無事に必要なだけのお金を手に入れることが出来たのですが、借りたら返さなくてはいけません。
しかし、当然、利息も付いてきますので返すのは容易なことではありませんでした。
結局、私は新たな条件のいい職場を見つけることが出来ましたので、借りたお金を完済することが出来ました。
しかし、借金を始めてからその新しい仕事が見つかるまでに3ヶ月ほどかかり、その頃には金額は50万円に近づいていました。
新たな仕事が見つかってからは少しずつ返済していきましたが、完済するまでには2年ほどかかりました。
他に方法がなかったかもしれませんが、借金する前にはよくよく考えた方が良いと思いました。
今後の人生の教訓にしたいと思います。

 

 

辛い借金生活も愛する家族と共に乗り越える

私は自他共に認める50代の貧乏サラリーマンです。
若い頃から借金生活を送っていて、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングなど、自慢じゃありませんがここ30年以上にわたって、借入が途切れたことがありません。
しかしその一方で、私は真面目で計画性のあるタイプですので、返済に行き詰まって金融事故を起こすようなこともありません。
常に無事故で返済し続けて30有余年、これは正直、ほんの少しだけ自慢したい気持ちです。
しかし、いずれにしても借金は苦痛です。
返済生活は、決して楽ではありません。
たとえ30年以上の借入のキャリアがあるといっても、借金生活に慣れるということがありません。
今も毎月の返済約定日は複数あって、それらの前日には口座残高が気になってばかりです。
ただし、このように辛い借金生活でも、愛する家族と共に過ごすのなら耐えられます。
返済が苦しい時には、家族の顔を思い浮かべます。
そうすると、不思議なことに「愛する妻や子供たちのためにも頑張ろう」という力が、どこからともなく湧いてくるのです。
私のこんな借金生活は、20代の独身時代から続いています。
しかし、今よりも独身時代のほうがローンの辛さは大きく感じていました。
その理由は、きっと孤独だったからに違いありません。
返済が苦しい時も、自分一人、孤独な戦いをするしかなかったのです。
それを思うと、これでも今はだいぶマシになったのです。

 

 

借金は一度でもすると際限がなくなります

人間にとってお金と言うのは、最低限人間らしく生きて行く為に欠かせない存在となっています。
本来このお金と言うのは、自分が持っている範囲内でやりくりするのが常識なのです。
しかしこのお金と言うのは、得難い癖に失い易い物でありますから、余る事は少なく足らなくなる事の方が多い物です。
前述したようにお金と言うのは、人間らしく生きる為に必要な物でありますから、無くなったままにはしておけません。
ですから借金をする事になるのです。
借りたお金は、本来人のお金ですから、何れは返さなければなりません。
だから借金と言うのは厄介なのです。
そもそもお金が足りなくなったから借入をしたのですから、簡単に返せるはずがありません。
たとえお給料をもらって返済できたとしても、その途端にまたお金が無くなってしまいますから、またピンチに逆戻りをしてしまいます。
そうなると再び借入をする事になってしまうのです。
つまり、一度お金を借りると、それを繰り返す借金生活が始まってしまうのです。
金融機関から借りたた時には、返済時に利息を付して支払わなければならないので、返済が難しくなります。
ですから借金を返済する為に、別の所から借りてて返済をすると言うパターンになって行きます。
この様なスパイラルを繰り返さないためにも、出来るだけ節約を心がけ、借入をする事にならない様にして行くことが大事です。

 

 

借金をするために考えるべきこと

借入は今後の生活を改善するきっかけになるように目的を考えて使い、今後の収入の状況を確かめて正しい返済計画を立てることを心がける必要があります。
お金を借りる時は金銭感覚を麻痺しないように責任を持って考え、キャッシングをする時は利息が高いために目的以外で使わないように考えることが重要です。
お金を借りる時は収支のバランスを考え、残高が増えすぎないように状況を確かめながら今後の計画を立てる必要があります。
複数の会社からお金を借りる時は滞納をせずに使うことを心がけ、返済シミュレーションを参考にして自分に適した返済方法を決めることが大事です。
借金問題は今後の生活や人生に多大な影響を与えるため必要に応じて弁護士と相談し、今後の人生を改善するきっかけをつかめるように考えることが求められます。
お金を借りる時は信頼関係を強化できるように考え、収支のバランスを考えて正しく使うように計画を立てると今後の生活に活かせます。
借金をするために考えるべきことは今後の人生に役立てるように目的を決め、責任を持って計画を立てることが重要です。
お金を借りることは安易に借りて使えるため、気が緩みがちになるため責任を感じるように心がける必要があります。

 

 

関連サイトの紹介

 

無料弁護士相談電話

 

こちらは管理人が運営する姉妹サイトです。
借金関係に限らず、離婚、相続、労務、交通事故・・等々の様々な法律問題を、24時間受け付けている相談所の紹介をしています。
弁護士や司法書士に依頼したいけど、解決できるかどうか分からないし、最初は無料で聞いてみたいというのは、誰でも思う事です。
そんな時に全国の専門家をマッチングしてくれるサービスがあれば便利ですよね。
しかも無料なら言う事なしです。
興味がある方は、ぜひ訪問してみて下さい。