借金はお金の問題だけに限らないと痛感した体験談。

 

借金における立場は貸した側が圧倒的に有利ですので、必然的に借りた側は何も言えないです。
昔友人から借金をしたときは、まさにそれを痛感することになりました。
その友人からは数万円程度借りたのですが、それからは関係が対等ではなくなりました。

 

友人は「お金を早く返してくれ」という催促を常にしてきましたし、それに対してたとえお金を返せそうにない状況でもノーと言うことはできませんでした。

 

その友人とは学生時代からの付き合いだったので多少は大目に見てくれるだろうと少し甘い考えを持っていたのですが、それはまったく通用しませんでした。

 

思えばその友人の対応のほうが普通だったのですが、どこか甘えたい気持ちを私は持っていたのです。
それからは借金返済のために頑張って仕事をしましたし、友人に対して負い目を感じていました。

 

貸してくれたことに対しては全面的に感謝していたのですが、もう友人という感じではなくなってしまったのがとても残念でした。

 

ただ、それは借金をした私の側に責任があったわけで、とにかく返済することでしか関係を修復できないと思いました。

 

借金がお金の問題だけに限らないのはそうした側面を持っているからで、私にとっては良い教訓になりました。

借金はお金の問題だけに限らないと痛感した体験談。の関連記事

借金生活から抜け出すのは至難の技
借金生活から抜け出す体験談